がん保険の選び方を学ぶ

一般の医療保険に加入している方は多いですが、がん保険に加入している方は多

くはありません。医療保険でがんに備えると考えている方もいるからです。そこ

でがん保険の選び方の基礎知識を学ぶには医療保険とがん保険の違いをしっかり

把握しておくことが大切です。医療保険は病気や怪我で入院した際に給付金が支

払われる保険です。がんで入院した際も給付対象になりますから、わざわざがん

保険に入らなくても良いと考える方もいます。1回の入院日数に制限があり、退院

の翌日からその日を含めて180日に同じ病気で再入院した時は1回の入院とみなさ

れます。それと違ってがん保険はがんと診断された際に一時金が支払われます。

もちろん、入院や手術の給付金が支払われます。一般の入院保険と大きく違う点

はこの一時金にあります。がんはその治療法によっては先進医療や自由診療の治

療費にあてることができるのがメリットです。がんはその治療法が様々なため、

一般の病気や怪我に比べて治療費もかなり必要になります。治療期間も長引くた

め、やはり保障の充実は必須です。がん保険の選び方の基礎知識を学ぶなら、や

はり医療保険でカバーできない部分があることを理解しておく必要があります。

長期化されるがん治療や再発などによる入退院の繰り返しに対応できる保障が必

要です。がん保険の選び方の基礎知識は治療費がかなりかかることを念頭におい

て選ぶことにあります。一入院の給付条件日数に制限がない点もがん保険の良さ

です。

コメントは受け付けていません。