医療保険との違いを理解すること

近年、がん保険という言葉を良く耳にするようになってきました。その名の通り

がんに特化した保険です。日本人のライフスタイルの変化によりがんにかかって

治療を余儀なくされる患者さんが増えてきており、がんに特化した保険であるが

ん保険が登場してきました。がん保険の選び方に必要な事としては、医療保険と

の違いを理解するということです。多くの人は医療保険に加入しているからがん

保険にわざわざ加入する必要はないという考え方をしています。医療保険ではが

んを保障する部分も含まれているので必要なと考えられてしまうのですが、医療

保険だけではがんを治療する費用をきちんと補填できるわけではありません。が

んは一度治療が完了しても再発などで何度も入院退院を繰り返したり、退院後も

検査のために定期的に通院しなくてはならない病気でそのほかの病気とは性格が

少し違ってきます。がん保険ではそのようながんの性格を理解して入院給付金の

支払い限度日数に制限がないものが多くなっています。医療保険では入院通院と

もに支払い日数に限度があり医療保険ではカバーできない場合が多くなっていま

す。ですのでがん保険の選び方に必要な事として医療保険との違いを理解する必

要があります。また保障内容にも違いがあり、医療保険は入院手術の保障がメイ

ンとなっておりそのほかの保障は特約としてつける必要がありますが、がん保険

は入院手術だけでなく診断や通院の保障、抗がん剤治療や先進医療などの部分も

カバーできるようになっています。ですからがん保険の選び方に必要な事として

医療保険との違いを理解しがん保険が必要なのかどうかを判断する必要があります。

コメントは受け付けていません。