自分に合った保険を選ぼう

今後がん保険に加入しようかと迷っている人に、まずはがん保険の選び方の基礎

知識から知っておく必要があります。まず最初のがん保険の選び方の基礎知識と

して、医療保険とがん保険の違いを知る事からはじまります。医療保険とは、病

気やけがで入院、手術した時に給付金が支払われる保険です。がんで入院した場

合も、もちろん給付の対象になります。また、1回の入院日数には制限があり、

60日型や120日型が主流です。なお、退院日翌日からその日を含めて180日以内に

同じ病気で再入院した場合は1回の入院とみなされます。がん保険とは、がんと診

断された時に診断給付金が給付され、がんによる入院、手術、死亡に対しても給

付金が支払われます。また、医療保険とは異なり、1回の入院日数に制限がないの

が主流です。これは、長期化されるがん治療の入院や再発などによる入退院の繰り

返しなどにも対応できるよう考慮されているからです。しかし、がん保険には、加

入から90日間の待機期間がある保険が大半であるという点に注意が必要です。では、

がん保険を選ぶ時にどんな点に注意したらいいのかを挙げてみます。まず、診断給

付金の受け取りは何回保障されているのかをチェックします。次に、上皮内新生物

の場合、給付金はいくら出るのかを確認します。そして、高度先進医療も保障され

るか、通院治療も保障されるかなども確認する事が大切です。これらのがん保険の

選び方の基礎知識をしっかり身に付け、自分に合った保険選びをする事が大切です。

コメントは受け付けていません。